ドールハウス妄想 手習い編

ドールハウスの続きです。

腰板を貼る写真は撮ってないですが、端から順に貼り付けて
最後に笠木を貼るという、ふつーの手順です。

床板はこんな感じで、厚みのあるヒノキ棒を貼りました。
[26]
襖や障子の敷居みたいに溝を作りました。
この溝に、壁を差し込みます。
でも、高さ450㎜の板をこんな浅い溝で支えるのは、
不安定なので、金具を付けました。
[28]
小箱などに使われるものですね。
これでしっかり留められるわけでもないですが、無いよりは
板の支えになっているようです。

材料をすぐに揃えられなかったので、仕上がるのに3日ほどかかりましたが、
作業的には半日もあればできてしまいます。
ステインとかニス、塗料を使った場合の感想の時間は別ですけど。

このなんちゃってドールハウスを経て、もう少し凝ったハウスを妄想中です。
と同時に、もっと簡単な撮影背景も考えたりしてま~す。
でも今は、別件で冬のイベントに向けての制作もあるので
かめさんモードになりそう。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: ドール | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する