館に住む少女




ジェーンお嬢様











お付きと共に屋敷に暮らす





「お嬢様 新作のバッグでございます」





おめかししても 外には出れない






「お髪を整えましょう お嬢様」

でも外には出れない




「今日はこちらの青い服をお召しになってください」






「アルフレッド 窓の外には何があるの?」
「それは恐ろしい怪物が住む国でございます。
お嬢様は 屋敷にいれば安全ですよ」








レイ・ブラッドベリ原作 萩尾望都の作品に
「びっくり箱」というお話があります。

母親が娘を大きな屋敷に閉じ込め (屋敷の外は恐ろしい世界)と言い
外界といっさいの関わりを立たせて育てる…
でもある日…という物語です。

10年ほど前の映画「ヴィレッジ」もこれと似た設定です。
(あ!↑これネタバレでしたーf(^_^; )



ジェーンを撮っていたら このお話と映画が思いだされました。




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する